AutoCAD(オートキャド)講座

AutoCAD(オートキャド)、建築分野・機械製造分野で活躍するCAD

建築分野・機械製造分野のそれぞれで必要不可欠なCADソフト「AutoCAD LT(オートキャド)」、建築分野であればマンションの設計や公共建造物などの設計、機械製造分野であれば機械部品や自動車・航空機などの2次元設計など幅広い分野で使われている世界で一番普及している汎用CADです。AutoCAD(オートキャド)を仕事で活すためにティップスで学習しませんか。

AutoCAD(オートキャド)LT 2018建築CAD・機械CAD

世界一の汎用CADであるAutoCAD(オートキャド)を建築設計・機械設計の仕事で活す

AutoCAD(オートキャド)を使った建築平面詳細図制作の画面
AutoCAD(オートキャド)操作画面

建築設計・機械設計
CAD設計ソフトの一番手

CADを使う仕事の現場で最も普及しているCADソフトがこのAutoCADです。AutoCADはまずは作図コマンド・編集コマンドといった、 操作を通じて図面を描きあげていくことが基本となりますが、速く正確に描くためにはその操作方法にもコツが必要です。 効率よく描くためにはマウスの操作だけでなく、マウスとキーボードの両方を使った操作を覚えていただく必要がありますし、 AutoCAD LTの設定から縮尺の考え方までキチンとご理解いただく必要があります。また建築分野と機械分野で注意すべきAutoCADの操作は変わってきます。 ティップスでは個人レッスンを通じてお客様の授業進捗に合わせて、的確にアドバイスしていき、さらに仕事で必要な操作もお客様それぞれの事情に合わせて説明していきますので、 効果的な学習効果を得ることが可能です。

AutoCAD(オートキャド):基礎講座

AutoCAD(オートキャド)基礎講座学習項目

AutoCAD(オートキャド) LT の基本(AutoCADの画面構成・ファイル操作の基本・画面操作の基本・オブジェクトスナップ・直行モード・座標入力・オブジェクト選択), 作図の操作(線分・ポリライン・円と円弧・長方形・ポリゴン・ハッチング・境界作成・構築線・点・ディバイダ・メジャー・リージョン), 修正の操作(移動・複写・ストレッチ・回転・鏡像・尺度変更・トリム・延長・フィレット・面取り・配列複写・削除・分解・オフセット・長さ変更・ポリライン編集・ハッチング編集・部分削除・結合・基点コピー)

受講時間:18H+自由時間

AutoCAD(オートキャド):応用講座

AutoCAD(オートキャド)応用講座学習項目

画層とプロパティ(画層・線種・線の太さ),文字と寸法(文字の作成と修正・寸法の作成と修正・マルチ引出線の作成と修正), ブロックの使用(ブロックの登録・ブロックの挿入・ブロックの修正・ダイナミックブロック),印刷の基本(印刷設定), レイアウトの使用(モデル空間とペーパー空間・ビューポートの作成),外部参照(外部のDWGファイル読込・外部参照パス), AutoCADを使いこなす(Excelデータを添付・AutoCADデータをOfficeソフトに添付・面積を図る),機械分野を学習の方:機械CAD練習図面の作図,建築分野を学習の方:建築CAD練習図面の作図

受講時間:18H+自由時間

AutoCAD(オートキャド)の機能と活用術

図面の作成・修正に不可欠な「作図コマンド」

直線・円・多角形・曲線など
図面作成の基本です。

AutoCAD(オートキャド)で直線・円・円弧などを描くコマンド
AutoCAD(オートキャド)作図コマンド操作画面

AutoCADの作図コマンドは直線・円・多角形・曲線などを自由に描くための機能です。CADの図面は極端な言い方をしてしまえばこれらの極々基本的な線を組み合わせて描いた図に過ぎません。 その作図の方法にルールがあり、手早く描くためのテクニックがあり、それらをマスターすることがCADをマスターすることと言えるでしょう。 ただ単に線を引くだけならば本などで情報を得てその通りに操作すれば描けますが、手際よく要領よく描くためのテクニックをティップスでは授業でお伝えしています。

描いた線をさらに上手に活用・変更する「修正コマンド」

オフセット機能・トリム機能など
効率よく図面を描くために。

AutoCAD(オートキャド)で図面を効率的に変更するトリムコマンド
AutoCAD(オートキャド)修正コマンド操作画面

CADで作図する大きなメリットの一つに、図面を手書きすることと比較すると後からの修正が楽というものがあります。 当然のことながら手書きで書かれた図面と違い、AutoCAD LTで作図されたものは修正コマンドを使うことで再利用することが出来ます。 ただそれだけではなく、一から図面を書く際にも作図コマンドだけでなく編集コマンドを上手に利用することで、余計な作図コマンドを使うことなく効率よく図面を描くことが出来ますので、 非常に重要なAutoCAD LTの機能となります。

設計製図に必要な書く技術を補完する画層設定

太線・中線・細線や破線など
線の種類を管理する

AutoCAD(オートキャド)で線の設定を管理するための画層設定
AutoCAD(オートキャド)画層設定画面

AutoCADをはじめとしたCADにはほぼ確実にこの画層(レイヤ)という概念が存在します。複数の透明なシートの上に色の違う線を引き、 重ねてみているようなイメージの概念です。 CADに限った概念ではなく多くのソフトに採用されています。AutoCADでは各画層(レイヤ)ごとに描く線を分類し、 一時的に非表示にしたり印刷を制限したりすることができる機能です。

AutoCAD(オートキャド)コース詳細

AutoCAD(オートキャド)基礎

AutoCAD(オートキャド)基礎講座の学習風景
AutoCAD(オートキャド)の矩形配列複写

AutoCAD(オートキャド)の基本操作として直線・円・円弧などを作成する作図コマンド・作成した線を複製・トリム・オフセットなどを行う修正コマンドなどを学習します。図面の修正などが必要な方に最適な基礎コースです。

受講料61,200
(教材費2,400円)

AutoCAD(オートキャド)基礎応用

AutoCAD(オートキャド)応用講座の学習風景
AutoCAD(オートキャド)のアタッチ操作

AutoCAD(オートキャド)の基本操作から寸法設定や文字設定・線種管理などに必須の画層設定などの応用範囲も含めたAutoCAD全般の操作方法を学習します。 図面を一から描くなどAutoCADが仕事で必要な方に最適なコース。

受講料116,280
(教材費2,600円)

AutoCAD(オートキャド)実践

仕事で必要な図面などをお持込みいただき製図し、AutoCAD(オートキャド)の実践力を向上。

受講料61,200
(教材費3,300円)

SolidWorks(ソリッドワークス)基礎

2DCADと同時に3DCAD(SolidWorks(ソリッドワークス)など)の技術が求められています。

受講料70,400
(教材費3,200円)