フォトショップ・イラストレーターを使ったデザイン

デザインの仕事には必須のフォトショップ・イラストレーターを個人レッスンで学ぶ

フォトショップ・イラストレーターというアドビを代表するこの2つのソフトはデザインという名前が つく職業では必ず必要となるソフトです。 フォトショップは写真の加工などに使われ、イラストレーターは紙面のレイアウトからロゴ・ イラストのデザインまでをカバーし、多くのデザインの現場で当たり前のように使われています。 デザイン系職種を希望される多くの 方はこれらのソフトを一度はお聞きになられたことがあるんじゃないですか?そして当然フォトショップ・イラストレーターを学ぼうと 考えられるかと思います。でも学ばれた多くの人たちはデザインの現場で困っています。なぜならソフトの使い方は知っていても、 デザインの作り方を知らないからです。 例えば包丁の使い方は知っていてもおいしい料理は作れないですよね。 それと同じでデザインの現場では真っ白な紙に自分のデザインを描いていかなければなりません。 だからティップスではソフトの 使い方だけでなくデザインの作り方まで実践などの授業を通して学んで頂きます。これがティップスのこだわりです。

Photoshop(フォトショップ)

デザイン必須の写真加工ソフト、フォトショップ

写真の中のごみや写真の傷を消去や2枚の写真を合成したり、写真の明るさの調整をする代表するソフト。 アドビシステムズ社のPhotoshop(フォトショップ)です。

Illustrator(イラストレーター)

デザインレイアウトに最適なイラストレーター

イラスト作成や企業ロゴ、チラシやポップ、名刺等の印刷物を作る代表ソフト。また、Webサイトのデザイン案などの 作成にも使われている。

InDesign(インデザイン)

編集デザインに必須のインデザイン

冊子やパンフレットの複数ページの印刷物を作るときにデータが重たくても軽快に操作ができるアドビシステムズ社のソフト

就職活動など、デザイン系スキルの証明のために

Photoshop / Illustratorクリエイター能力認定試験

就職活動に必見!自分のデザイン力のスキルアップもできる。

サーティファイ認定試験テキスト

株式会社サーティファイが行っている能力検定試験、デザインスキルなどの資格として多くの方がとられている資格。自分のデザイン力のスキルアップにも最適!