Java(ジャバ)プログラミング講座

オブジェクト指向の代表的なプログラム言語、Java(ジャバ)プログラミングの学習

現在人気・使用機会ともにNo1のプログラム言語「Java(ジャバ)プログラミング」将来プログラマを目指すなら学んでおきたいインスタンスとクラスのような考え方や継承(抽象クラス・インタフェースなど)などの機能を持つオブジェクト指向のプログラム言語です。

Java(ジャバ)プログラミングIT・プログラミング

1番人気のプログラミング言語、
Javaプログラミングはオブジェクト指向。

学習環境eclipseを使ったJava(ジャバ)プログラミングの学習画面
Java(ジャバ)プログラミングの学習画面

今もっとも広く使用されている言語のひとつ、それがJava(ジャバ)プログラミングです。小規模なプログラミングから大規模なシステム開発、 Webシステム構築にAndroidアプリ作成と様々な場面で用いられている言語ですので、案件数・求人数が多く一度習得すれば活躍のフィールドが一気に広がります。 またJava(ジャバ)プログラミングは「オブジェクト指向」プログラミング言語の代表格でもあります。近年世に出たプログラミング言語の大半はこのオブジェクト指向言語です。 Java(ジャバ)プログラミングをマスターすれば他のプログラミング言語習得時に考え方の応用が効きますので、習得するメリットはとても大きいです。

Java(ジャバ)プログラミングの学習項目詳細

Java(ジャバ)プログラミング基礎
学習項目プログラムの書き方(Java開発の基礎知識・Javaプログラムの基本構造),式と演算子(計算の文・オペランド・評価のしくみ・演算子・型の変換・ 命令実行の文),条件分岐と繰返し(プログラムの流れ・ブロックの書き方・条件式の書き方・分岐のバリエーション・繰返しのバリエーション・ 制御構造の応用),配列(配列の書き方・配列と例外・配列のデータをまとめて扱う・多次元配列),メソッド(メソッドとは・引数の利用・戻り値の利用・ オーバーロードの利用),複数クラスを用いた開発(ソースファイルの分割・パッケージの利用・クラスの実行)
所要時間18H+自由時間
Java(ジャバ)プログラミング応用
学習項目オブジェクト指向を始めよう(オブジェクト指向の定義と効果・オブジェクト指向の3大機能),インスタンスとクラス(クラスの定義方法・インスタンスの利用), 様々なクラス機構8クラス型と参照・コンストラクタ),カプセル化(カプセル化の目的とメリット・getterとsetter),継承(継承の基礎・継承とコンストラクタ), 高度な継承(抽象クラス・インタフェース),多様性(多様性とは・多様性のメリット),Javaの標準クラス(日付を扱う・基本データ型をオブジェクトとして扱う), 例外(例外処理の流れ・例外の発生と例外インスタンス)
所要時間18H+自由時間

Java(ジャバ)プログラミングのコース詳細

Java(ジャバ)プログラミング基礎講座
学習解説Javaの変数・演算・分岐・繰り返し等のJavaの基本構文を理解し、簡単なプログラムの作成と、プログラムの解読ができるスキルを習得します。
科目内容Java(ジャバ)プログラミング基礎講座
料金(税抜)61,200円+教材費2,600円
Java(ジャバ)プログラミング基礎応用講座
学習解説Javaに欠かせないオブジェクト指向プログラミングについて理解を深め、開発現場で必要とされるJavaスキルを習得します。
科目内容Java(ジャバ)プログラミング基礎講座、Java(ジャバ)プログラミング応用講座
料金(税抜)116,280円+教材費2,600円
Java(ジャバ)プログラミング+アルゴリズム講座
学習解説プログラミングの重要な考え方(組み立て方)であるアルゴリズムを理解し、ワンランク上の実践的なスキルを習得します。
科目内容Java(ジャバ)プログラミング基礎講座、Java(ジャバ)プログラミング応用講座、アルゴリズム講座
料金(税抜)164,730円+教材費4,280円

Java(ジャバ)プログラミングの機能

オブジェクト指向の代表的なプログラム

オブジェクト指向は
現在主流のプログラミングの考え方

オブジェクト指向のクラス図
オブジェクト指向プログラミングのクラス設計

Java(ジャバ)プログラミングはオブジェクト指向言語の代表格です。オブジェクト指向とは、プログラミングの手法の一つで、 プログラムで制御するモノ(これをオブジェクトと呼びます)に着目してプログラムを作成する手法の事です。 従来の処理手順に着目してプログラムを作成する方法(これを手続き型と呼びます。手続き型の代表格はC言語です) では作成しづらい、もしくは作成できないプログラムのために生み出された手法です。オブジェクト指向については、 とても一言で説明がつくものではありませんし、文字の説明だけではよくわからないという声をよく聴きますので、 個人レッスンで詳しく説明することで、スッキリご理解していただきたいと考えています。

APIが多いプログラム

APIを組み込んで
プログラムの機能を拡張

APIの概念図
Javaで使用される多くのAPI

API(Application Programming Interface)とは、一言でいうとすでに完成しているプログラミングで 使える部品の事です。Javaはメジャーな言語で、APIも多くのものが存在し、大半はインターネットから 無料で入手し利用することができます。APIがあればあるほどプログラミングに組み込める部品が増え、 より簡単かつ手際よくプログラムを完成させることができるようになります。

インターネットとの連携

ネットワーク環境と
親和性の高いプログラム言語

ネットワークシステムイメージ
インターネットを利用したWebシステムプログラム

Javaがここまで広く普及している理由の一つにインターネットなどのネットワークとの親和性の高さがあります。 ネットワーク用APIもとても多く、非常にプログラミングがやりやすくなっています。これからますます発展する ネットワーク社会のシステム開発において、無くてはならない言語ということは間違いありません。