Linux(リナックス)サーバー構築講座

代表的なサーバ用OS(オペレーティングシステム)、Linux(リナックス)

現在最も多くのサーバで使用されているOSの「Linux」は、インフラエンジニアやサーバ管理者にとっては必須の知識ですが、プログラムを実行するサーバやWebページを表示させるサーバ等にも広く利用されているため、プログラマやWebエンジニアとして活躍する上でも避けては通れないものとなっています。インフラエンジニア、サーバ管理者、プログラマ、Webエンジニア等を目指すならば、ぜひとも身に付けておきたいスキルの一つです。

Linux(リナックス)IT・プログラミング

Linuxはサーバ用OSとして普及率1位
私たちの生活に身近に関わっています。

Linuxの画面
実物のLinux(リナックス)学習環境

現在、Linuxはサーバ用のオペレーティングシステムとしてもっとも広く使用されています。普段私たちが見ているWebページを表示できるようにしているWebサーバ(ティップスパソコンスクール大阪梅田校のWebページを管理しているサーバもLinuxを使用しています)や、ネット通販の注文情報の受け付けや在庫管理用データベースサーバなどに使用されていますので、もうLinuxは私たちの生活の一部となっており、無くてはならないものと言えるでしょう。また、これからは自動車の自動運転システムやロケット・宇宙船の航行管理の為のシステムにも利用が見込まれています。よって、これらのシステムを稼働させるための必須スキルであるLinuxを扱える技術者は常に必要とされていますし、これからもますます需要は増す一方です。そのLinuxのスキルを証明するための資格試験がLPICです。ティップスパソコンスクールのLinux講座では、Linuxの実機を使用しながら学習を進めますので、Linuxの知識のみならず、実際に操作した経験を積む事もできるので、正しい知識と技術を身に付けることができます。

Linux(リナックスの学習項目詳細

Linux(リナックス)実機演習
学習項目Linuxとは,シェル(シェルとコマンド・プロンプト・シェルの種類),シェルの便利な機能(コマンドラインの編集・トラブル時には), ファイルとディレクトリ (ディレクトリとは・ディレクトリ構造・パス・lsコマンド),ファイル操作(ファイル操作・ディレクトリ操作), テキストエディタ(Vim・Vimコマンド・ヘルプとドキュメント), bashの設定(エイリアス・シェル変数・環境変数),パーミッションとスーパーユーザ (ファイルのオーナーとグループ・suコマンド),プロセスとジョブ(プロセス・ジョブ・強制終了), 標準入出力とパイプライン(標準入出力・リダイレクト ・パイプライン・フィルタ),テキスト処理,正規表現,シェルスクリプト(シェルスクリプトの基本・制御構造・関数), アーカイブと圧縮 (アーカイブファイル・圧縮ファイル),パッケージ(インストール・yum・apt-get)
所要時間30H+自由時間
LPIC資格対策
学習項目システムアーキテクチャ,Linuxのインストールとパッケージ管理,GNU & UNIXコマンド,ファイルとプロセスの管理,デバイスとLinuxファイルシステム, 101分野模擬試験,シェル・シェルスクリプト・データ管理,システム管理,ネットワークの基礎,セキュリティ,SQL,102分野模擬試験
所要時間30+自由時間

Linux(リナックス)のコース詳細

Linux(リナックス)実機演習講座
学習解説Linuxの実機(Linuxがインストールされた端末)を実際に操作し、Linuxの各種設定や操作ができるスキルを習得します。
科目内容Linux(リナックス)実機演習講座
料金(税込)125,400円+教材費2,970円
Linux(リナックス)実機演習+資格取対策講座
学習解説Linuxスキルを実機演習を通して身に付け、スキルを証明するためのLPIC資格取得を目指します。
科目内容Linux(リナックス)実機演習講、LPIC資格対策講座
料金(税込)238,260円+教材費7,150円
ネットワークエンジニア講座
学習解説Linuxとネットワーク(CCENT・CCNA)両方のスキルを身に付け、総合的なネットワークエンジニアとしてのスキルを習得します。
科目内容Linux(リナックス)実機演習講、LPIC資格対策、ネットワーク基礎(CCENT実機演習)、ネットワーク応用(CCNA実機演習)
料金(税込)451,440円+教材費11,418円

Linux(リナックス)の機能

サーバ用OS

Webサーバやデータベースサーバは
主にLinuxによって稼働しています
サーバのイメージ
Linuxで稼働するサーバ

Linuxは現在世の中で多数稼働しており、実は今ご覧になっているこのページも、Linuxが稼働しているWebサーバで上で公開されています。そのほかにも、オンラインの予約システムやインターネット通販のシステム、様々な情報を管理するデータベースを運用するためのサーバ等で最も多く稼働しているOSはLinuxです。これらのサーバは、言うまでも無く現代社会には不可欠なもので、Linuxは私たちの生活を陰で支えていてくれているのです。また、今後は自動車の自動運転、宇宙開発、映画等の映像編集用高性能コンピュータ等でも活用される見込みで、今後はより一層Linuxを自由に扱う事の出来るエンジニアの重要性が高まる事は間違いありません。

無料で入手可能なコンピュータ用OS

LinuxOSは無料で入手可能なOSなので
入門のハードルはとても低いものとなっています
Linuxのデスクトップ
Linux(CentOS)のデスクトップ画面

商用のRedHatEnterpriseLinux等の一部を除き、大半のLinuxOSは無料で入手することができます。 特に使いやすく、またRedHatEnterpriseLinuxによく似たものとして開発された「CentOS」は人気で Linux初心者の学習用から商用のサーバにも広く利用されおり、ティップスパソコンスクールの講座でも、この「CentOS」を採用しています。「CentOS」でLinuxの知識・技術を習得しておけば、商用利用のRedHatEnterpriseLinuxにも支障なく対応する事ができます。また、他のディストリビューションを使用することになったとしても、一部の機能を除いておおよその機能は全て共通ですので、特に困るという事もありません。また、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の分野での活用が見込まれているRaspberry Pi(ラズベリーパイ)という小型のコンピュータもOSはLinuxの一種ですので、IoT分野でも必須の知識となっています。

LPICでスキルを証明

サーバエンジニアの
登竜門の資格
Linuxを使ったWebプログラム操作と開発画面
Linuxの学習教材

Linuxサーバについての資格がLPICです。LPICはサーバエンジニアの登竜門として一般的に認知されています。ティップスパソコンスクールで学習できるLPIC Level1ではLinuxの種類(それをディストリビューションといいます)に左右されない普遍的なLinuxの知識が問われる資格試験です。Linuxサーバの操作は一般的にコンソールと呼ばれる文字だけの画面にコマンドを入力して行うことがほとんどですが、コマンド操作を失敗すると、場合によっては非常に大きなダメージをサーバやシステムが受けてしまうこともあります。 よって正確なコマンドの使い方を知らなければLinuxサーバを扱うことは許されず、その知識があるかどうかを証明する事のできる資格がこのLPICです。ティップスパソコンスクールは、LPICを運営しているLPI日本支部認定(https://www.lpi.org/ja/japan)のトレーニングパートナーですので、質の高い合格に直結した学習をすることができます。