エクセル・ワードMOSスペシャリスト講座

エクセル・ワードのMOS資格は就職活動になぜ必要なの?

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格、通称「MOS資格」の取得をお勧めするのは理由があります。就職活動の際、会社の募集要項に「エクセル、ワードが使える方」という文言をご覧になったご経験はございませんか?企業が人材を募集する際、パソコンスキルの高い方が望まれており、最低限のスキルとしてマイクロソフトオフィスの「エクセル」「ワード」といったアプリケーションの操作スキルが求められます。でも皆さんが面接を受けられる際、採用担当者の方にそれらのアプリケーションは使えると言いますよね。確かにそういった面接時のやり取りでスキルの証明をすることはできるかもしれません。しかし書類選考がまず最初にある場合はどうでしょうか?いくら履歴書に使えると記載しても、どれだけ使えるのかは採用担当者にはわかりません。このMOS資格を取得していれば客観的な判断として「エクセル」「ワード」の操作スキルを証明することが出来ます。だからMOS資格は就職活動には必ず必要となるのです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS資格)エクセル・ワード・パワーポイント・アクセス

就職・転職に必要なMOS資格、MOS取得にはメリットがあります。

エクセルをグラフと表の制作画面
エクセル操作画面
マイクロソフトオフィススペシャリストを
取得すると就職に有利!

ティップスがMOS資格の取得をお勧めするのには理由があります。①企業が求めている人材は即戦力としてのスキルを持っている人。エクセル・ワードなどのオフィスソフトを使いこなせる証明が出来れば、 面接や書類選考でも有利になります。②履歴書に記載できるだけでなく、資格取得が出来れば「パソコンを使いこなせる」確固たる自信につながるのがMOS資格合格の効果。 近年スマートフォンの普及によりパソコンを使えない若者(新入社員)が増えていると会社の人事担当者の悩みの種になっている。 だからこそ就職活動のライバルに差をつけるチャンスです。しかも実はMOSはしっかり準備すれば合格しやすい資格です。③会社に入ると覚えることがたくさんあります。さらにエクセル・ワードが使えないと‥‥だからこそ先に使えるようになっておくのがおススメなのです。④エクセル・ワードを学習されるときに一緒に学習されれば後から必要になっても学びなおす必要はありません。一度取った資格は有効期限がありませんのでずっと有効です。これだけの利点があるからこそ、就職活動で希望の就職を叶えるためにMOS資格が必要になるんです。ぜひこの機会にMOS資格を取得しませんか?

MOSスペシャリスト対策講座

MOSスペシャリスト対策講座学習項目

Excel・Word・PowerPointそれぞれのMOSスペシャリスト試験対策、MOSスペシャリストの模擬テスト(追加MOS対策学習)

受講時間:9H+自由時間

MOSスペシャリスト対策(Accessのみ)講座

MOSスペシャリスト対策(Accessのみ)講座学習項目

AccessのMOSスペシャリスト試験対策、MOSスペシャリストの模擬テスト(追加MOS対策学習)

受講時間:13H+自由時間

MOSエキスパート対策講座

MOSエキスパート対策講座学習項目

Excel・WordそれぞれのMOSエキスパート試験対策、MOSエキスパートの模擬テスト(追加MOS対策学習)

受講時間:15H+自由時間

MOS資格の解説と有効性

MOS資格の認知度はNo.1

MOS資格は他のOffice系資格より断然有利!
MOS資格年間受験者数がダントツの数
MOS資格年間受験者数

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS資格)とは、エクセル・ワードなどに代表されるマイクロソフトオフィスの実務スキルを証明するマイクロソフト社認定の資格です。 世界に認められた国際資格となりますので、就職活動の際にはオフィス資格の中で一番重要視される資格であり、沢山の企業がエクセル・ワードのスキルをチェックする際の基準にする資格となります。ですので就職活動には必須になるのです。

MOS2013から試験が変更。

ファイルを完成させるより実務的な試験。
MOS資格のエクセル模擬テストの画面
MOS資格対策「模擬テスト」

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS資格)試験は2010以前は設問ごとに回答していく形で、それぞれの問題に関連性のない一問一答形式のような形で試験は行われていました。このころのMOS資格では「操作手法を覚えるけれども実践的な試験ではない」といったことが言われておりました。ところが MOS資格が2013以降より一つのファイルを完成させる試験形式に変更され、このことにより以前に言われていた「実践的ではない」といった評価が覆り、以前の機能操作だけを問う知識重視の試験ではなく、より実践的な試験としてさらに認知されることで、他の資格よりもより重要性が増す形になったのです。

各ソフトMOS資格対策詳細

エクセルMOS資格対策(単体)
学習解説表作成、計算式、関数などを組み込んだ自動集計できる表やグラフ、データ管理など様々な業務で必要になるのがこのエクセルです。 そしてそのエクセルの技術を証明するのがエクセルMOSスペシャリスト資格です。※資格対策のみの講座となりますので、ご受講いただく場合はエクセル基礎・応用を学習いただくか、同等のスキルが必要となります。
学習時間9時間+自由時間受講期限:35日(約1ヶ月)
料金(税抜)23,850円+教材費1,800円
ワードMOS資格対策(単体)
学習解説案内状、ポスター、報告書、ラベル印刷など、様々な場面でワードが使われています。 それらの技術を客観的に証明する資格がワードMOSスペシャリスト資格です。※資格対策のみの講座となりますので、ご受講いただく場合はワード基礎・応用を学習いただくか、同等のスキルが必要となります。
学習時間9時間+自由時間受講期限:35日(約1ヶ月)
料金(税抜)23,850円+教材費1,800円
パワーポイントMOS資格対策(単体)
学習解説企画会議などのプレゼンテーションなどで必要となるのがパワーポイント。 効果的なプレゼンの見せ方を考えた際には必ず必要となるスキルです。 MOSスペシャリスト資格ではこのパワーポイントのスキルを客観的に証明することが出来ます。※資格対策のみの講座となりますので、ご受講いただく場合はパワーポイント基礎・応用を学習いただくか、同等のスキルが必要となります。
学習時間9時間+自由時間受講期限:35日(約1ヶ月)
料金(税抜)23,850円+教材費2,000円
アクセスMOS対策(単体)
学習解説 企業の大量な販売データをデータベースとして蓄積し、必要に応じてデータの抽出したり集計したりできるのがこのアクセスです。 そしてそのアクセスの技術を証明するのがアクセスMOSスペシャリスト資格です。※資格対策のみの講座となりますので、ご受講いただく場合はアクセス基礎・応用を学習いただくか、同等のスキルが必要となります。
学習時間13時間+自由時間受講期限:49日(約1ヶ月)
料金(税抜)34,450円+教材費2,600円
ワードMOSエキスパート資格対策(単体)
学習解説ワードを使った文書の校閲や高度な機能を使った文書デザイン、長文・目次作成などの高度な文書作成など、 業務上の高度な処理に対応する資格となります。 ※資格対策のみの講座となりますので、ご受講いただく場合はワード基礎・応用を学習いただくか、同等のスキルが必要となります。
学習時間15時間+自由時間受講期限:56日(約2ヶ月)
料金(税抜)39,750円+教材費3,400円
エクセルMOSエキスパート資格対策(単体)
学習解説エクセルを使用した高度なデータ分析(ピポットテーブルなど)や財務関数、ゴールシークなどの高度な表作成処理に対応する資格となります。 ※資格対策のみの講座となりますので、ご受講いただく場合はエクセル基礎・応用を学習いただくか、同等のスキルが必要となります。
学習時間15時間+自由時間受講期限:56日(約2ヶ月)
料金(税抜)39,750円+教材費3,400円